浄土真宗 佛光寺派 新潟教区

真宗佛光寺派新潟教区 機関紙とびら

58号 聖典学習会 冬季児童大会

機関紙とびら58号です。ぜひご覧ください。

58号 聖典学習会 冬季児童大会

–以下、一部抜粋–

三月十一日、東日本大震災二周年追悼式がしめやかに執り行われ、ご遺族代表の言葉がありました。その中から岩手県遺族代表・山根りんさんの言葉を紹介させて頂きます。

私は日々便利になっている世の中を当たり前だと思っていました。毎日学校に通い、家族と一緒にご飯を食べること、母がいつもそばに居てくれることも当たり前だと。あの日が訪れる前までは。

ちょっとしたことで腹を立ててみたりイライラしてみたり。もっとこうして欲しいとか、ああして欲しいと外に対する要求ばかり。いっしょに暮らしていつも身近にいるから我がままになりがちですが、それが言えるのもまた家族であるからです。ところがある日突然の災害で、人の命が奪われ家族がバラバラになっていく。災害の起こるその日の朝、そんな悲劇が起こると誰が予想したことでしょう。当たり前にその日を迎え、当たり前に今日の日を過ごせると思って一日は始まりました。浄土真宗では、人と人との「出会い」をあえて「出遇い」と書きます。「遇」は「遭遇」とか「千載一遇」で使われます。「遭遇」は偶然に巡り会う。「千載一遇」は千年に一度の出遇いを表します。それだけ人と人との出遇いが難しく稀有なことであるのでしょう。私たちは毎日人と出会いながらも本当に出遇っているのでしょうか。普段の何気ない日常の生活の中で、実は大切な出会いを日々出遇い続けている。かけがえのないいのちと毎日出遇っている。そのことを痛切に教えられる言葉でした。日々の出遇いをどう喜べるか、それが人として生まれた大きな課題なのでありましょう。

聖典学習会 観察とは

講師 花井性寛

今回は、観察について話したいと考えています。これから『大経』の下巻が拝読されていきますけれども『大経』の眼目ということで、この「聞」聞くという事ですね。言うまでもないのですが、『大経』を読んでいきますと「聞」という字が非常に多く出てきます。ことに、聖典(佛光寺聖典)の11頁の9行目に出てきますが、「阿難、諦らかに聴け。~願楽して聞かんと欲す。」これは、「序文」から「正宗分」へ展開するところに出てきます。「欲聞」と出てまいります。そしてさらにもっと大事なのは、下巻の最初にでてまいります、第十八願成就文50頁の5行目に「諸有衆生、其の名号を聞きて、信心歓喜せんこと、乃至一念せん。」とあります。そこに「聞其名号」と出てきます。まだまだ「聞其名号」はたくさん出てくるのですが、「流通分」の初めに、「弥勒付属」といいまして、経の教えを末代のものに付属せよと命じられるところがあります。「仏、弥勒に語りたまわく、其れ、彼の仏の名号を聞くことを得ること有って、歓喜踊躍して乃至一念せん。」とこのように出てまいります。ここに「欲聞」と聞くことを欲するという事を通して、「得聞」という事が出てくるような事であります。

これはひとつの「聞の歩み」という事でありますが、こういうふうに『大経』の「聞」、読誦という事は、経典の声を聞くという事が大事です。経典の叫んでいる声を聞く、語りかけている声を聞く。「聴」というのは、耳を傾けて聞く。その事を通して聞こえてくる、響いてくるこういう事が「聞」です。読誦という事は経典の声を聞く、叫びを聞いていく、語りかけてくる声を聞く、別に経典が声を出すわけではありませんが、そのように聞く、聞こえてくる。私が若い時に安田理深先生が、「経典の声を聞くことが大事だ」と仰られていた事が、わからなかったのですが最近ようやく感じられてきました。経典を通して教えられる、聞こえてくるそういう事があるわけなんです。経典の声を、『教行信証』の声を聞く、『歎異抄』を読むなら『歎異抄』の声を聞く、そういう事が非常に大事であるのです。まず「欲聞」から「得聞」、まず聞くという事がなければ「得聞」は成り立ちません。何も聞かずにじっとしていても「得聞」は成り立たない。やはり聞こう、求めようという事がなければ「得聞」は成り立たない、これでみんな苦労するわけです。聞きたいという要求というか欲求がなければ「得聞」というのは開かれてこない。「欲聞」を通して、開かれてくる、聞こえてくる、心通の声が聞こえてくる。聞こえるという事で成り立つ、身に響くという事で成り立つ、そういう事であります。

源左という方がいらして、この方は昭和5年まで生きていたのですが、18歳の時に父を亡くし、父の遺言によって教えを聞こうと思い立ち、それから非常に厳しい求道が始まるのです。その源左が寝るに寝れない、仕事も手につかないそんな状況にまでなったある日に、山に草を刈りに行きます。刈り取った重い草を牛に乗せたその時に、はっと気付かされた。すでに私は仏に求められているという事なんでしょう、仏に背負われていた、仏に求められていた、そういう身であった。開けたんですね。「得聞」。すでに仏から求められていたそういう我が身であった、それが聞こえたんですね。そういう大きな方向転換が生まれるのです。

さて『浄土論』、正式には『無量寿経優婆提舎願生偈』といいます。「優婆提舎」というのは論議という意味を持っています。天親菩薩が『無量寿経』の意を自身に問い、経の精神を明らかにした『大経』論。これが『浄土論』です。親鸞聖人が、親鸞と名告られるのは流罪にあわれる前です。親鸞と自ら名告られたのですね。その「親」は天親菩薩の「親」からとられた。それはなぜか、『浄土論』を書き著せられたからです。『大経』論を書き著せられたからです。天親菩薩が初めて『大経』の本願の精神にふれて「本願に帰す」という事が成り立った。そういう意味からおそらく親鸞聖人は自ら「親」という文字をとられた。そして『浄土論』を注釈された曇鸞大師の「鸞」をとられ、「親鸞」と名告っていかれたようなことであります。非常に歴史的な「論」です。『大経』の生まれ、『大経』の精神、『大経』に説かれている教えを自分の身に問うて、そしてその精神を顕かにしていかれました。そういう「論」が『無量寿経優婆提舎願生偈』であります。

その「願生偈」に「観」という言葉が二ヵ処使われています。聖典の155頁に「観彼世界相 勝過三界道」と出てまいります。「彼の世界の相を観ずるに三界の道に勝過せり」。まずここに「観」という字が出てきます。「三種荘厳二十九種功徳」が説かれてくるわけですが、その第一番の「清浄功徳」のところに「観」という字がまず示されています。そして、「国土十七種荘厳」が説かれ、仏国土の荘厳が説かれて、この最後の157頁に「観仏本願力 遇無空過者 能令速満足 功徳大宝海」「仏の本願力を観ずるに、遇いて空しく過ぐる者無し。能く速やかに、功徳の大宝海を満足せしむ。」このように出てまいりまして、「観」という字が置かれています。そしてこの「不虚作住持」から「菩薩四種荘厳」が開かれて展開してゆくのです。ですから、『浄土論』をみると「世尊我一心」から始まりますが、「観」から「観」へと、「観」から始まり、「観」で終わるというものが「二十九種荘厳」になるのです。そしてその「観彼世界相」の「観」というのは「止観」、心を一つに止めて浄土を観察する、阿弥陀仏を観察する。そしてその「観」の歩みというのが「観仏本願力」のところへきて「観」が「信」に。

「観仏本願力」というのは「信」をあらわすのです。親鸞聖人は「観仏本願力」を大切な御文としていただいています。色々なところで引かれていますが、たとえば聖典510頁の『尊号真像銘文』の三行目から、「観彼世界相、勝過三界道というは、かの安楽世界をみそなわすに、ほとりきわなきこと虚空のごとしひろくおおきなること虚空のごとしとなり。」とでてまいります。そして「観仏本願力、遇無空過者というは、如来の本願力をみそなわすに、願力を信ずるひとは、むなしくここにとどまらずとなり。」こういうふうに出ています。あるいは、546頁の『一念多念文意』の十行目に「『浄土論』に曰わく、観仏本願力遇無空過者 能令速満足 功徳大宝海とのたまえり。この文のこころは、仏の本願力を観ずるに、もうおうてむなしくすぐるひとなし。よくすみやかに、功徳の大宝海を満足せしむとのたまえり。観は、願力をこころにうかべみるともうす、またしるというこころなり。遇は、もうおうという。もうおうというは、本願力を信ずるなり。云々」このように出てまいります。明瞭に「観仏本願力」の「観」は「信」であり、本願の心をいただいた。こういうことが明瞭に示されている。この『浄土論』は皆さんよく勉強をしていただきたいと思います。

『観無量寿経』を、善導大師は『無量寿観経』、親鸞聖人は『無量寿仏観経』と仰っている。「観というは照なり」。観というのは照らされると頂いていいのではないかと思います。そして「序文」の最後に「定善示観縁」これは聖典の109頁になりますが、「仏、阿難及び韋提希に告げたまわく、諦かに聴け、諦かに聴け、善く之を思念せよ。」そして定善が説かれていくわけです。そして日想観から始まってゆき、そして116頁の華座観で同じ言葉が出てきます。「仏、阿難及び韋提希に告げたまわく、諦かに聴け、諦かに聴け、善く之を思念せよ。」このように同じ言葉が出てまいりまして、華座観において「空中に住立したまう無量寿仏を観る」こういう事が成り立ってゆくわけです。そこに「信」ということを顕すという事なんですが、このように展開してゆくことです。「浄土論」と一緒のような事なんですが、「信」というところに「観」の成就がある。親鸞聖人は「定善は観を示す縁なり」と仰いまして、「信」を示す縁それが「観」、「観」は「信」というところに成就する、こういう事が一連の流れとして成立するような事であります。そして観経を拝読して、しかも善導大師の『観経疏』の御文をいただきますと、色々な事を教えられてくるような事であります。あとに散善が説かれてきますけれども「上品上生」から「下品下生」まで説かれてきますが、曽我量深先生は「あれは自覚の高まりを顕すのだ、無量寿仏に観察されてゆくことを通して、自覚の高まりを顕す。そういうのが、上品上正から下品下生として最後に南無阿弥陀仏なんだ」といわれました。観察というのは、仏から観察されてゆく。それが聞法、観察の具体性であるというように頂いていけるのではなかろうかと思います。

お知らせ

親鸞聖人を訪ねて 本山佛光寺